アルコールの脱水

アルコールを濃硫酸とともに加熱すると、脱水反応が起きる。このとき、反応温度によって脱水方法が異なる。

分子間脱水

エタノールの場合、低い温度(130~140℃)では分子間脱水(縮合反応)が起き、ジメチルエーテルができる。

C2H5-OH + HO-C2H5 → C2H5-O-C2H5 + H2O

分子内脱水

エタノールの場合、高い温度(160~170℃)では分子内脱水(脱離反応)が起き、エチレンができる。

C2H5OH → CH2=CH2 + H2O